昨日の衆議院厚生労働委員会にて質問しました。

昨日の衆議院厚生労働委員会にて質問しました。

年金の手取りが下がり、生活難に陥っている方々が増えています。これからも増加していくでしょう。

来年10月予定の消費税アップに合わせての「年金生活者支援給付金」、月額「満額」5000円(予算5800億円)を、月額「定額」5000円給付(予算+800億円)に変更すべきであることを厚労大臣に訴えました。

また無年金者で低収入者も消費税アップの逆進性対策として対象者に含めるべきではないか(予算最大で160億円)と訴えました。

年配者の生活困窮者の多くは働くこともできずに生活保護に陥ってしまいます。政策は今回訴えた方向性でこれからも粘り強く主張していきたいと思います。