生活できる年金制度にすべきとの観点から3月12日衆議院厚生労働委員会で根本大臣他にいくつかの提案を兼ねて質問しました。

生活できる年金制度にすべきとの観点から3月12日衆議院厚生労働委員会で根本大臣他にいくつかの提案を兼ねて質問しました。
趣旨は、以下の通りです。引き続き頑張ります!

1. 今年の年金を目減りさせるマクロ経済スライドは低所得者に対しては停止すべし(問1)

2. 政府で検討している在職老齢年金の廃止がもしなされたら、一般の方々の将来の年金給付が減るのでやるべきではない(問3)

3. 年金生活者支援給付金を、申請による給付(申請主義)ではなく、プッシュ型により給付すべし(問5)

4. 消費税原資の年金生活者支援給付金は定額の月額5000円にすべし(問5)

5. 現在10年の受給資格期間を廃止し(0年にし)、保険料を支払えばその分受給できるようにするべし(問7)

その他、質問準備していていたものとして、年金ネットの受給見込み金額にマクロ経済スライドの加味をすべし(問8)、さらなる短期労働に対する厚生年金適用拡大と、副業を心理的にも簡易化すべし(問9)については次の機会に質問します。

写真は記事と配布資料

議事録速報
www.shiraishi.cc/20190312kouroui-nenkin.pdf

動画
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=48790&media_type=

配布資料
www.shiraishi.cc/20190312kourouiHANDOUT.pdf