厚生労働委員会においてA.東予地域の医者不足対策と、B.予防接種の負担軽減について根本厚労大臣や総務省に要望しました。

厚生労働委員会においてA.東予地域の医者不足対策と、B.予防接種の負担軽減について根本厚労大臣や総務省に要望しました。
この問題、本当に切実です。引き続き頑張ります!

内容は、
A. 四国中央市、特に旧伊予三島市・土居町や、西条市の西部の総合病院不足、お医者さん不足の是正について厚労大臣や総務省に質問・要請しました。中身は、地域医療構想において切実な患者さんのニーズの正確な把握、地域医療介護総合確保基金(厚労省医政局)において宇摩地域等不足地域への重点配分、総務省による自治体病院支援や、医師地域枠補助の拡充、他の新しい施策も立案することです。
B. インフルエンザのワクチン接種の医療保険対象化等による負担軽減について。
インフルエンザのワクチン接種は医療機関によってバラつきがあり、負担も大きいので医療保険対象化などで、子育て家庭等への負担を減らすべきと要望しました。

動画
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=48916&media_type=
会議録
https://www.shiraishi.cc/20190410kuroui-isya&inful.pdf

写真のラスト三枚は委員会配布資料です